Q.石灰硫黄合剤の散布

Q.石灰硫黄合剤を果樹園に散布する際の時期や条件、注意点などを教えていただけると助かります。





A.

この薬品は散布時期を間違えると薬害の発生があります。

また、散布時期により、病気や害虫に対する効果も著しく異なってきます。



果樹の場合、3月下旬から4月上旬に、約40~80倍液(種類や芽の動きによって変える)を散布します。



時期の決定ですが、春芽が少し動いたとき(冬眠している芽が動き始めた時)に散布するのが最適期です。

毎日見ていても気づけるかどうかは、経験と勘によるものが大きいのが実状でしょう。



夏期に200~300倍液の散布をすることもあるのですが、ミカン類の他は散布しないでください。(古賀)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ