サンゴ樹

Q.サンゴ樹ですが、ジマンダイセン・ベンレートで消毒していますが菌の進行が止まらず葉が落ちて枝が枯れてきている。
ここ数年、落とさないといけない枝が増えてきている。解決方法を教えてください。(写真添付)

A.地際に樹幹下部の腐朽が進行して、幹全体が弱っていますし、それにつれて根も枯死しているのが多いと思います。樹幹の生きている部分から出ている枝はかろうじて生きていますが、根からの水分供給は少ないと考えられますので、枝枯れは増えてゆくでしょう。腐朽部の治療と根系の状態に合わせて樹冠部の透かし剪定を行い樹冠部を軽くする必要があるでしょう。(小河)

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ