福岡県緑化センターに寄せられた木や庭に関しての質問に樹木医がお答えします。

最新情報

2016年8月7日
剪定
Q.百日紅の剪定時期と要領
Q. サルスベリの剪定時期と要領を教えてください。 A. ①剪定時期 春から伸びた枝の先端に6月から遅いものは9月中旬まで花芽が形成されるとされています。福岡県では12~3月上旬に剪定を行う人が多いようです。 ②剪定の方・・・
2016年8月7日
病害虫診断防除
Q.タブノキの枝枯れ
Q. タブノキの枝が枯れ始めた。葉が黄変し始めた枝もある。原因と対策を教えてもらいたい。   A. ホシベニカミキリの食害によるものと思われます。 暖地のタブノキは必ずと言っていいほど加害され、山でも公園でも街・・・
2016年7月17日
病害虫診断防除
Q.マツ枯れの広がり
Q. マツの小枝が枯れています。毎年少しずつ枯れて、弱ってきているようです。 A. 小枝から一枝、徐々に枯れて、2年後くらいには1本の木丸ごと枯死します。 これは、正式な名前はついておりませんものの、私見では「微粒性害虫・・・
2016年7月10日
剪定
Q.アジサイの当年枝と前年枝の違い
Q. アジサイの剪定として、過去のQ&Aに アジサイの本格的な剪定は、原則として葉が落ちてから、夏にするのは、花柄をとることと、伸びすぎた枝を切り取るくらい、 冬期に当年枝、1年生枝の20センチ~40センチくらいの枝を1・・・
2016年7月10日
病害虫診断防除
Q.シダレザクラの葉の変色
Q. 植栽後10年、根元直径7~8センチ、高さ2mの枝垂桜があります。5月中旬ごろから葉が巻きだした。中に1センチ程度の白い虫がいたので、デプテレックス乳剤を散布しました。 現在、虫はいないが、斑点の入った葉や黒くなって・・・

Q.百日紅の剪定時期と要領

Q. サルスベリの剪定時期と要領を教えてください。 A. ①剪定時期 春から伸びた枝の先端に6月から遅いものは9月中旬まで花芽が形成されるとされています。福岡県では12~3月上旬に剪定を行う人が多いようです。 ②剪定の方・・・

Q.タブノキの枝枯れ

Q. タブノキの枝が枯れ始めた。葉が黄変し始めた枝もある。原因と対策を教えてもらいたい。   A. ホシベニカミキリの食害によるものと思われます。 暖地のタブノキは必ずと言っていいほど加害され、山でも公園でも街・・・

Q.マツ枯れの広がり

Q. マツの小枝が枯れています。毎年少しずつ枯れて、弱ってきているようです。 A. 小枝から一枝、徐々に枯れて、2年後くらいには1本の木丸ごと枯死します。 これは、正式な名前はついておりませんものの、私見では「微粒性害虫・・・

Q.アジサイの当年枝と前年枝の違い

Q. アジサイの剪定として、過去のQ&Aに アジサイの本格的な剪定は、原則として葉が落ちてから、夏にするのは、花柄をとることと、伸びすぎた枝を切り取るくらい、 冬期に当年枝、1年生枝の20センチ~40センチくらいの枝を1・・・

Q.シダレザクラの葉の変色

Q. 植栽後10年、根元直径7~8センチ、高さ2mの枝垂桜があります。5月中旬ごろから葉が巻きだした。中に1センチ程度の白い虫がいたので、デプテレックス乳剤を散布しました。 現在、虫はいないが、斑点の入った葉や黒くなって・・・

Q.山茶花の枯れ

Q. サザンカの垣根があるが、枯れが隣の木へと伝染していく。芽が出ては枯れていっている。   A. サザンカでよくある虫害はチャドクガによる食害。オルトラン液剤250~500倍で対応します。 また病気としては輪・・・

Q.アジサイの花後の剪定

Q. 花が終わりましたので、剪定をしたいのですが、 ポイントを教えてほしい。 A. 花後、花がらをとります。 枯れ枝、絡み枝、細い枝も地際から除去します。 花後すぐのこの時期は、強く切ってもOKです。 来年度の花咲く枝は・・・

Q.実梅の剪定

Q. 高さ4m以上、幹直径30cm以上のウメの木、 長い間剪定をせずに放置していた。 今頃剪定しても良いだろうか? A. 今の時期に太い枝を強く剪定すると枝枯れを起こすことも多いので、 今の時期の強剪定は避けてください。・・・

Q.ヒイラギの葉が食害されている

Q. ヒイラギの葉が赤くなって食害されている。 ダニの被害だろうか? A. ダニではなく、テントウノミハムシの被害と思います。 テントウムシみたいな姿でノミのようにピョンピョン跳びますので 判断できると思います。 ヒイラ・・・

Q.イヌマキの剪定後の切り口

Q. イヌマキの剪定時に、葉を切るのはよくないのか? 葉の切り口が赤くなって見苦しい。 A. イヌマキも小枝を透かしながら、 マツのみどり摘みのように葉を切らないように気を付けて芽を切り、 古葉をむしるような剪定をするこ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ