Q.エゴノキの落葉について

Q.

植えて5年ほどのエゴノキが、昨年から、この時期に

落葉するようになりました。

葉には斑点状のものがあります。

予防法と対処法を教えてください。(写真持参)



A.

エゴノキには、うどんこ病(葉の表裏両面に白い菌糸)、

さび病(葉裏に黄褐色の小さな斑点を生じ、

やがて黄色粉状物を出す)、

輪紋葉枯病(表裏とも灰白色~淡褐色の斑点を生じる)、



褐斑病(初め1~2mm、やがて拡大して

葉脈に囲まれた5mm大の褐色斑点となる。)が、

記載されています。写真からの判断になりますが

褐斑病だと思われます。



褐斑病は、7月頃から発生し始め、

秋季に発病が激しくなります。秋口からの落葉ですので、

樹勢には大きな影響はないと思いますが、

花つきや実のなり方はいかがですか。



予防方法ですが、まず病落葉を綺麗にかたずけましょう。



また、病気が気になるようでしたら、

7月頃病気が出始める前に、

殺菌剤(ペンコゼブ水和剤、トップジンM水和剤)を

約2週間おきに2~3回散布すると良いでしょう。

                  (小河)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ