ゴールドクレストが枯れてきた

Q.

ゴールドクレストが1本枯れ始めてきました。大きさは10メートルくらいあります。

対処法があればおしえてください。

A.

木が大きくなり、内側に日光が当たらなくなり、風通しも悪くなる頃から、内枝が枯れ始め、枝枯れ等が出始めて衰弱してきます。

まず、枯枝をつけ根から切り取り処分するとともに、内枝にも日が当たるように、枝透かし剪定を行って、風通しもよくしましょう。

ゴールドクレストの葉枯病・枝枯病等の病気の報告は少ないと思います。類似の樹木から類推するしかありません。

イトスギ・シノブヒバ・ヒムロ・コノテガシワ・ニオイヒバには、葉枯性・枝枯性の病気がいくつか記載されています。

(くものす病、黒粒葉枯病、樹脂胴枯病、枝枯病など)

もし、予防的に薬剤(殺菌剤)を散布するとしたら、透かし剪定後に新芽が出て針葉が開き始めたら、樹木類に登録のある銅水和剤を使用してください。

(小河)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ