Q.街路樹のケヤキに虫こぶ

Q.

あちこちのケヤキの街路樹で、虫こぶが発生している。対策を知りたい。

A.

ケヤキの葉にできる虫こぶの被害としては、ケヤキフシアブラムシ、オカホソクロアブラムシの被害が多いと思います。

春、葉が展葉直後に虫が入りますので、この時期にモスピラン水溶剤等の殺虫剤を散布します。

夏には成虫はタケ、ササ、イネ科植物の根元に移動します。

伐採や剪定によって虫を減らしたいとすれば、この移動の前におこなう必要があります。

そして、成虫は秋になればケヤキの木に戻ります。

対策としては、

①根元にササ等を植えないこと

②春新芽が出るころに上述の薬剤を散布する

③落葉期にマシン油を散布する(幹に産み付けられた卵を殺す効果が少しはあると思います。)

(神代)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ