Q.クスノキの枝枯れについて

Q.

50~60年以上たったクスノキが急激に弱って、

あちらこちらに枝枯れを生じています。

部分的には元気に見えますが、枯れた枝を見ると

小枝が密生しているように感じます。

原因と対策を教えてください。



A.

最近、大きなクスノキが枯れる被害を

耳にするようになりました。



原因が確定されたわけではありませんが、

ファイトプラズマ(人の病気で言うところの

マイコプラズマ様微生物:マイコプラズマ病)

による被害ではないかと言われています。



予防・治療方法はいまのところ決まっていません。

この病気がファイトプラズマ病と確定すれば、

予防として媒介昆虫の駆除や抗生物質による

治療が考えられます。



それから、除草剤の施用や過湿傷害による

根腐れでも、類似の枝枯れや葉枯れ症状が

出てきていますので、注意が必要です。



現在の対策としては、排水・透水性・保水性等の

土壌条件を良くし、適期に整枝剪定、病害虫防除を

行い病害虫の発生を抑止して、

樹勢を強くすることが大切です。

                 (小河)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ