Q.アラカシの病害虫

Q.

アラカシが病気のようだ。葉が紫色になっている。

A.

アラカシの病害虫を整理すると

①害虫:毛虫(加害形態はクシヒゲシマメイガに近いが幼虫からの推定は難しい)、いずれの毛虫にしろ、ディプテレックス乳剤1000倍を散布するか、枝先に白い糸状の巣を作って集団で食害している時に枝ごと切り取り処分する。

②病気:枝先が枯れているもの=枝枯細菌病。枯れ枝の付け根で元気なところから切除し、処分する。その後、ペンコセブ水和剤(600倍)やバクテサイド水和剤(1000倍)を2週間おきに2~3回散布する。

③病気:葉の裏に紫褐色の斑点=紫かび病。トップジンM水和剤(1000倍)を散布する。(小河)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ