Q.ラカンマキに黒色のカビがついています。

Q.

ラカンマキの葉に黒色のカビがついています。

防除法を教えてください。



A.

葉の黒色のカビは、すす病だと思います。

すす病は、アブラムシ類・カイガラムシ類の

排泄物に寄生します。



すす病は、予防するには、これらの害虫を

駆除します。



アブラムシ類にはモスピラン液剤、

スミチオン乳剤を散布しましょう。



また、カイガラムシ類には、スプラサイド乳剤40を、

若齢幼虫期(固定し動かなくなる前まで)に

散布します。

冬期のマシン油乳剤の散布も効果があります。



農薬使用時には、使用濃度、対象樹木等を確認

してください。         (小河)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ