Q.ヤマボウシの剪定

Q.

ヤマボウシの剪定の仕方をご指導ください。





A.

ヤマボウシは植えたまま放任しても自然に樹形が整うため、剪定が比較的少なくて済み、個人庭園に適した落葉樹です。



やわらかな自然樹形を楽しみたい樹木だと思いますので、過度の強剪定は避けた方が良いでしょう。



枝が輪性状に出るという性質がありますので、落葉後に木のバランスを見ながら、不要な枝や込み過ぎた枝を基から間引くと良いでしょう。

この際枝を途中で切り詰めると樹形を乱しますので、避けた方が良いでしょう。



また、木の根元より不要な芽が多数出ることもありますので、これも基から取り除いてください。



また、7~8月ごろに翌年の花芽が分化しますので、丸い花芽に注意して剪定を行ってください。(神代)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ