Q.モミジの葉の枯れについて

Q.
モミジの葉が先枯れしています。

原因は何でしょうか?

また、原因に対し、どのような処置を講じればよろしいでしょうか?

A.
原因として、

①最近、夏の温度が高温になり、新芽の部分が日焼けして枯れた状態になることがあります。

②あるいは、夏の高温の日に消毒をして、薬害を起こして、葉が縮れることもあります。

③あるいは、カミキリムシが枝の部分をかじったり幼虫が皮の部分をかじって、樹液が上がらなくなって枯れることもあります。

対処法として、

①に対しては、根と枝葉部のバランスを良くして、蒸散を抑制すると共に、土壌の乾燥を防ぐために、過湿にならないよう注意して散水してください。

②に対しては、夏場の散水や消毒は、早朝か夕方に行うようにしてください。

③に対しては、5月下旬ごろから6月にかけて、後食(成熟し、産卵できるように枝をかじり養分を摂取する)・産卵のために飛来する成虫を駆除するために、
スミパイン乳剤の50~150倍液
を樹幹に散布します。
 これは、なかなか難しいので、太枝や幹から糞を出している孔に園芸用キンチョールEを噴射し、孔を接ロウなどで封をする方法が良いと思います。(原田)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ