Q.マツ・マキの枯れ

Q.
虫なのか病気なのか分かりませんがマツが枯れています。
最初はいくつかの枝だけだったのが、だんだん全体に広がります。
造園屋さんに聞いても、マツクイムシじゃないみたいだけど・・・と言われるだけで、良く分かりません。


A.
マツカレハでもなく
マツクイムシでもなく
ハダニでもなく
葉ふるい病でもなく
・・・だけど少しずつ葉がところどころ枯れていく。

マツやマキを対象に、
5~10年前より九州でも時折発生して、
一部の枝枯れから全枯へと進行するものです。

本年度は特に発生が多く、植木生産者も解答できない害です。
このような場合はカイガラムシやアブラムシなどを疑ってみてください。
これらが小枝に異常に発生し、その枝を枯らし、全枯れへと繋がっていくというケース。

この場合、カイガラムシ専用剤やアブラムシ類専用剤を利用し、
希釈倍率を守った上で幹肌から新芽(細枝)まで流れるように散布します。

いずれにせよ、
マツの枯れは独断で判断せず、
専門家にある程度聞いてください。(古賀)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ