Q.マツが枯れてきた

Q.

我が家のマツが、松くい虫(ザイセンチュウ病)にやられたようだが、どうしたら良いだろうか?





A.

マツクイムシの症状としては、



虫がいる、かじった跡がある、虫糞がでている、

お盆過ぎに葉が赤くなる、

幹にくぎを打って抜いて放置しておいてもヤニが出ない



といったことで、マツクイムシにやられたかどうかを調べていたのですが、

最近のマツクイムシ(ザイセンチュウ病)は、



虫が見えない、かじった跡がない、虫糞が出ない



といった状況も見られ、

何とも見極めが難しいのが現状です。





登録農薬としては、

散布剤として(マツノマダラカミキリ対象)



スミパイン乳剤200倍

ファインケムB乳剤200倍

エコワン3フロアブル200倍

マツグリーン液剤 1000倍など



樹幹注入剤として(マツノザイセンチュウ対象)

グリーンガード・エイト

ショットワン・ツウ液剤

センチュリーエース注入剤

マツガード

メガトップ液剤など



その他、土壌潅注剤としてネマバスターがあります。





あくまで症状が軽い場合にはこのような薬剤を試してみましょう。



しかし、幹にくぎを打ってヤニが出るか確かめて、出ないようであれば助からないと思います。

残念ですが、切って焼く、切って薬をかけておく、チップにするなどして処分しましょう。(小河)



追記

1年のうち5月と9月が発生時期ですので、その少し前に殺虫剤を散布して予防しましょう。(古賀)





コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ