Q.ボケの赤星病の防除について

Q.

 ぼけの葉に黄色の斑点が毎年出来ますが何という病気でしょうか。防除方法はありますか。





A.

 ボケの赤星病(さび病)と言います。



 ボケの病原菌はカイヅカイブキやその中間(ビャクシン類)の樹木とボケ、ナシ、カイドウ、カマツカ、カリンなどの樹木を行ったり来たりします。



 この病気を予防するには、ビャクシン類を近くに植えないことです。


 また、黄色の斑点が出た葉は早めに切り取り、他への感染を防ぎましょう。



 ナシには新芽が開き始める4~5月にかけて、トリアジメホン剤1,000倍液を10日置きに3~4回散布すると病気の発生をほとんど防ぐことが出来ますが、残念ながらボケやカイドウ、カリンには農薬登録がありません。(小河)

2 Responses to “Q.ボケの赤星病の防除について”

  1. Kさん より:
    SECRET: 0
    PASS:
    庭の垣根として植えている「紅かなめ」通称赤めの葉が1年前より赤星が葉の表面に転々と発生しています、一部ではなく、全部に渡ります、植樹後18年が経ちます、薬は「バイレトン」バエルン製薬を散布してますが一向に良くなりません、良い薬があったらご教授願いませんか。

  2. 緑セン より:
    SECRET: 0
    PASS:
    写真あるいは現物等、確認できたわけではありませんので、確定はできませんが、

    お話の症状は、赤星病ではなく「ごま色斑点病」と思います。



    ごま色斑点病については「緑の相談室」ブログに多数回答例がありますので、

    そちらを参考になさってください。



    また、お薬はバイレトンではごま色斑点病には効果がないと思います。

    ベンレート水和剤2000倍かトップジンM水和剤1000倍を使ってください。(小河)



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ