Q.サクラにケムシやイラガが発生

Q.

サクラにケムシやイラガが寄生しています。

どのような農薬を使用したら良いでしょうか。





A.

サクラには、葉を食害する色々の害虫が記載されています。



ケムシ類:オビカレハ、モンクロチャチホコ、キバラケンモン、リンゴケンモンなど。



イラガ類:イラガ、ヒロヘリアオイラガ、アカイラガ、テングイラガ、ムラサキイラガなど。



防除農薬としては、下記のとおりです。

防除としては、発生初期に集団で食害している時期に、食害されている葉を切り取り処分するのが最も効果的です。



ケムシ類:アクテリック乳剤(500~1000倍)、デミリン水和剤(4000~6000倍)、園芸用キンチョールE(スプレー剤)



オビカレハ:トレボン乳剤(2000倍)ディプテレックス乳剤10(300倍)



アメリカシロヒトリ:DDVP乳剤(1000~1500倍)、オルトラン液剤(250~500倍)、スミチオン乳剤50(500~1000倍)など多くの農薬が登録されています。



モンクロシャチホコ:オルトラン水和剤(1000~1500倍)、トレボンEW(2000倍)、マツグリーン液剤2(250倍)など



イラガ類:サクラには登録がないと思いますが、サンヨール液剤AL(原液)がカエデに登録されています。また、古い書物には、ディプテレックス乳剤(1000倍)液が有効であると書かれています。ディプテレックス乳剤は、アメリカシロヒトリ対象で樹木類に登録が有ります。(小河)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ