Q.ゴヨウマツについている虫について

Q.

 ゴヨウマツにミノムシの様な幼虫(ハチの幼虫みたいなもの)がついていますが、何でしょうか。



 また、防除はどうすればよいでしょうか。





A.

 針葉の部分の葉を綴ってノコクズみたいなものに包まれていれば、モモノゴマダラノメイガ(マツノゴマダラノメイガ)の幼虫でしょう。





 この虫は、ストローブマツ、チョウセンゴヨウ、ヒメコマツ、ヒマラヤスギ、トウヒやモミなどを加害します。



 年に6~7月と8~9月の2回発生し、2回目発生の中齢幼虫が集団で葉を綴った巣の中で越冬し、翌春に巣から頭を出して針葉を食害します。



 防除は、綴った巣ごと取り除くのが最も効果的です。



 農薬散布は効果が少なく、登録農薬もありません。

(小河)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ