Q.イヌマキの虫害について

Q. 

イヌマキがキオビエダシャクに食害されています。殺虫剤について教えてください。



A.

九州南部から沖縄にかけてのイヌマキ、ナギの重要害虫とされています。



年に4~5回発生し、大発生時には短期間に木を丸坊主にすると言われ、



小枝の樹皮までかじるので枯れることもあります。





幼虫は橙黄色の気門線(横線)のほか、8本の黄色の縦線があるそうです。



防除は、発生初期にディプテレックス乳剤1000倍、スプラサイド乳剤40の155~2000



倍を散布しましょう。(原田)

                  

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ