Q.イヌマキの剪定時期と方法

Q.

 イヌマキの剪定時期と方法について教えてください。



A.

 枝もの(庭木)と生垣樹に分けてお話しします。





 枝ものは年1回の剪定法と年2回の剪定法があります。



 年1回の場合は、6月下旬から7月上旬の剪定をお勧めします。冬期か春期のいずれかでもよいのですが、徒長枝の関係で樹形が乱れることがありますので、上記の時期をお勧めしています。



 年2回の場合は1回目を3月下旬ごろ、2回目を8月中旬から9月上旬に行います。

 枝づくりの木は一つの枝の厚みをできるだけ抑えて薄く作りましょう。横から見て下にぶら下がっている小枝は取り除くようにしてください。





 生垣樹の場合、敷地をより良く利用するためにできるだけ薄く刈り込みましょう。20~25cmの厚みで充分です。高さもできる限り低く仕立てましょう。その方が手入れも非常に無理なくできます。



 生垣は年2回刈り込みすると本当に美しい生垣になります。3月下旬ごろと、8月から9月上旬の2回おこなってください。(古賀)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ