子ども緑の教室、来年もたくさん来てね!

福岡県緑化センターでは毎年8月に子どもを対象とした講習会を行っています

木の葉の観察や樹木標本の作り方を学んだりする講習会で、
春日市のクローバープラザの会場と久留米市田主丸町の福岡県緑化センターとで夏休み中に行っています

夏休みの自由研究にもなりますので、
親御さんが一生懸命な場合もありますが
「お母さん、植物図鑑買って!」という声や
「おもしろい!」という声が聞かれ、
企画した職員も大変嬉しく思っております

一枚の葉をよく見つめること

これだけで新しい発見がたくさんあります

春日市の会場にはケーブルテレビさんが取材に来られました
子どもたちはあまり緊張せずにインタビューに応じていました。
一番緊張していたのは職員でしょう


自分の好きな葉を探して観察記録を作ります。
よく見ると毛があったりギザギザしていたり・・・
一生懸命に何枚も書いていました


最後は、ラミネート
事前に職員が何日もかけて準備していた押し葉を、思い思いに選んで、紙の上に並べます。
自分の名前と樹木名を書いて、ラミネートしました


こちらは久留米市田主丸町の会場。
どちらの会場でも樹木についての基本的なお話を15分程いたします。


久留米市では樹木が身近にあるからでしょうか。
葉っぱが珍しいといったことはなかったようでした
ただ、やっぱりよく見たことはなかったようで、一生懸命記録していましたよ



たくさんのご参加ありがとうございました。
また、12月にも子どもを対象とした講習会を行います
今年の冬は苔だま作りの予定です
親子で土に触れてみるちょっとした時間ですが、ぜひ多くの方にご参加いただければと思います

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ