Q.枯れたウメの木

Q.

実家のウメの木が枯れています。



いつから枯れているのかハッキリとは分かりません。



これが何らかの処置で生き返るものなのか、あるいは生き返らないならどんな処理法があるのか、教えていただけると助かります。





A.

何年か葉の出ない状態でしたら枯れています。その時はあきらめてください。



もし、根株付近やところどころに青い一年枝があったら生きています。

それでも判断がつかない場合は芽をむしって良く観察しましょう。

生きている芽でしたら誰でも分かりましょう。



今から2月下旬にかけて花が咲きますので、花が咲いたら生きています。



また、太い枝の樹皮の一部を薄く削ると、枯れている場合は淡褐色~褐色に変色しています。

内皮部分が白っぽいか淡緑色をしていれば、その部分は生きています。



枯れているか否かを確かめながら、枯れた枝は全部切り除いて、残った生きた枝は半分くらいの長さに切り戻し剪定しましょう。



さらに、生きている場合には有機性肥料を寒肥として施してください。



いずれにしても、一度専門家に見てもらって判断してもらうのが一番です。(古賀)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ