Q.大きなヒラドツツジ、片側の樹勢が弱っている

Q.
3mもののオオムラサキツツジ(ヒラドツツジ)を大切に管理しているが
塀側の片面が5年前くらいから弱っているようで、
葉の色が悪かったりひょろひょろしていたりする。
アブラムシ用の消毒も定期的にしており、
剪定も花後にきちんと行っている。
肥料もやっているのになぜ?

A.
植えて相当の年数が経過した庭木には肥料はあまりやらなくてよいと思います。
写真を見る限り病的な症状ではないと思われます。
塀側の根が伸びどころを失って、地上部の元気がないのかと思います。
樹冠下を数か所、金の棒で穴をあけ、空気を入れてあげるようにしてください。
穴にはボラ土等を入れて様子をみてください。(神代)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ