Q.レッドロビンの落葉

Q.

垣根仕立てにしているレッドロビンの葉に暗赤紫色の斑点がたくさんできて、パラパラと落葉しています。

原因と対策を教えてください。





A.

ごま色斑点病という葉の病気です。



ベニカナメに多く発生したので、その対策としてこの病気に耐病性を持つレッドロビン(セイヨウベニカナメ)が導入されたのですが、最近はレッドロビンでも被害が発生するようになりました。



【対策】

①病気になって落葉した葉を綺麗に片づけます。また、木についている病葉は摘み取り処分します。



②被害が激しい場合には、5月中旬~6月中旬にかけ、強めの剪定を行います。

剪定後に残った病葉は摘み取り処分します。



③剪定後に新たに伸びてきた新梢の葉が少し開き始めた頃から2週間おきに、2~3回下記の農薬を散布しましょう。

  ベンレート水和剤(2000倍)またはトップジンM水和剤(1000倍)



④この病気はシャリンバイ、マルバシャリンバイ、カナメモチ、ビワ、カリン、セイヨウサンザシにも発生しますので、注意してください。(小河)



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ