Q.モミジの枯れ⇒その後枯れ下がる

Q.

樹冠上部の枝から徐々に枯れ始め、ついに枯死したモミジ。その原因とは?

A.

考えられること。

①カミキリムシ

カミキリムシが枝や幹を食害し、侵入、産卵することによる。

中枝から幹など、太い部分をぐるりと一周食害すると、水が上まで行かなくなり、枯死することとなる。

②根の異常

病気あるいは地際部の埋め立てなどの影響で、上部の枝から衰弱し始め、そのうち枯死することとなる。

③剪定の誤り

太い枝を切ったり、枝の途中で切ったりすることにより、病害虫の原因になる。

また、樹液が動く時期(モミジは1月頃から10月頃)に剪定すると、枯れることが多い。

太い枝を切ることは避け、徒長枝や込み合っている枝は枝の途中で切らずに、枝元で切ること。(小河)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ