Q.マツの茎枝にできたこぶについて

Q.

 マツの2年生の茎枝(径3mm)にこぶが出来ています。



 その原因は何でしょうか。

 また、どのように処置すればよいでしょうか。





A.

 マツのこぶ病と考えられます。



 この病原菌は、ナラ類(コナラ・ミズナラ・クヌギ・アベマキ・カシワ)とアカマツ・クロマツの間を行ったり来たりするさび病菌です。



 最初は夏から秋にかけて2年目の茎枝に球形のこぶを形成し、年々大きくなります。









 対策としては、春4~5月にこぶの皮を破って黄粉(さび胞子)を吹き出して、コナラやクヌギなどに伝染しますので、それまでにこのこぶを除去します。



 また、コナラやクヌギでは、8~9月に黒褐色毛状物(冬胞子)を生じ、9~10月にこの毛状物からマツへ伝染して、翌年幼茎枝にこぶを発生させますので、マツの近く特にマツの養成苗畑周辺には、これらの樹木を植栽しないようにしましょう。(小河)



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ