Q.マキの主幹の腐朽

Q.

直径20センチのマキの木の主幹に大きな腐朽が見られ、ふさぎたいと考えているが。

A.

主幹の腐朽部は、

①柔らかい腐朽部の完全除去と洗浄の実施

②内部の乾燥:晴天が5~8日くらい続くと良く乾燥する

③乾燥した内部の木質部に腐朽防止剤の塗布を2~3回実施

④そのまま(開孔のまま)で完了。風通し良くしておくことが大切です。

※内部充填は専門医でないと十分な処置ができないのでは?(以前はセメントを詰めたりしている事例もありましたが、現在では、その方法では余計に腐朽が進むとされています。)(古賀)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ