Q.ホプシ―(コニファー)の葉がポロポロ落ちます

Q.

コニファーをたくさん植えています。

最近ホプシ―が大きくなり、中の方から

茶色になり、葉がポロポロと落ちます。

なぜでしょうか?



A.

プンゲンストウヒ、コロラドトウヒ(品種ホプシー、

グラウカ・グロボーサなど)は、北海道などの北国に

多数植えられ、銀白色の葉が美しい樹木です。



しかし、北国の樹木ですので、夏の高温・多湿には

弱く、九州地区での植栽は、風通しや水はけに

注意が必要です。



新芽の伸びは正常でしょうか?



枝が混み過ぎているようでしたら、枝抜き剪定をして

風通しを良くしてください。



生長が遅く、萌芽力もあまり強くありませんので

過度の剪定は避けた方が良いでしょう。



大きくなったとのことですので、植えてある場所の

水はけ等の条件は良いと思います。



新芽の伸びにも異常がなければ、枝透かし剪定で

良いと思われます。



コニファー類はコガネムシの幼虫による根の食害

による被害も多く見られます。

根元を少し堀り、幼虫が多数いるようであれば

スギに登録のあるバイジットをすき込んで

見てください。     (神代)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ