Q.ヒイラギの変色と食害

Q.

6月ごろから、ヒイラギ、ヒイラギモクセイの葉裏が食害されて透けたようになり、一見褐色に変色したようになっています。原因と対策を教えてください。



A.

ご近所や道路上の緑地帯を良く見ていますと、ヒイラギ、ヒイラギモクセイ、モクセイの葉が食害され、透けて見えるようになっていることが良く観察されます。



これは、テントウノミハムシの被害です。



被害葉の裏側を良く見てみますとテントウムシのような害虫(メアカボシテントウに類似しているそうですので、興味のある方はご確認ください)を見ることが出来ます。



テントウノミハムシには登録農薬は無いと思いますので、5月末から6月に葉肉内を盛んに食害する時期に被害葉を摘み取るか、成虫をネットに払い落とすかすると効果的なのですが、被害の激しい場合にはそれも難しいでしょうから、果樹等のハムシ類に登録のある薬剤を注意深く、試験的に散布して見るのも一つの方法でしょう。しかし、あくまでも、個人の責任で試験的に散布することになります。(小河)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ