Q.ハナミズキの水やりについて

Q.

ハナミズキを地植えしています。

大きくしたいと思いますので、

水やりの仕方、病害虫の予防法などを教えてください。



A.

ハナミズキの植栽地は水はけを良くしてください。

また、肥料としては油粕と骨粉を混ぜたものを

2月頃に根元に施します。



水やりは、乾いてきたら施す程度で

やりすぎは良くありません。



病害虫では、アメリカシロヒトリ、カイガラムシ類、

うどんこ病、とうそう病、斑点病などが発生します。



集団で食害している場合には、

その枝葉を虫毎切り取り処分します。

病茎・葉も早めに切り取り処分します。



また、落ち葉は虫の越冬場所や

翌年の病気の感染源になりますので、

きれいに掃きとり処分しましょう。



毎年発生が認められる場合には、

発生時期に下記の登録農薬を散布してください。



アメリカシロヒトリ:6月ごろから、

スミチオン乳剤(1,000倍)、ディプテレックス乳剤(1,500倍)、



カイガラムシ類:5月中旬ころから、

スプラサイド乳剤40(1,500倍)



うどんこ病:新梢が伸びるころから、

トリフミン水和剤(3,000倍)、マネージ乳剤(1,000倍)、

モレスタン水和剤(2,000倍)



斑点病:新葉が開く頃から、

トップジンM水和剤(1,500倍)、ペンコゼブ水和剤(600倍)

                       (小河)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ