Q.サザンカやヒラドツツジの葉が黒い

Q.

サザンカやヒラドツツジの葉が黒くなっていて、こすると取れます。見苦しいのですが。

A.

すす病でしょう。虫の排せつ物が原因です。

虫としては、カイガラムシやチャトゲコナジラミ等が考えられます。

近年、チャトゲコナジラミの被害が多く見られます。葉の裏に3~4ミリの平たいものが多数ついていたら、この虫の可能性が高いです。

カイガラムシやチャトゲコナジラミに対しては、冬期のマシン油乳剤の散布が有効ですが、もう新芽が伸びはじめた今の時期はかけないほうが良いです。

チャトゲコナジラミの夏期用の薬は、
5月中旬     アプロ―ドエースブロアブル1,000倍 (発生状況を見ながら)
8月上旬   ガンバ水和剤1500倍(     〃      )
        または
      ウララDF1000倍 (      〃      )
10月下旬  トモノールS100倍(      〃      )
      (夏用マシン油、高精製なので薬害が出にくい)
 
なお、この虫は葉の裏に張り付いていますので、いずれの消毒も、葉の裏に薬剤がかかるように行って下さい。(神代)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ