Q.クロマツの葉が黄色くなっている、または赤くなっている

Q.

 クロマツの葉が黄色くなっている場合、

 クロマツの葉が赤くなっている場合、



 それぞれ何かの病気でしょうか?



 対処法を教えてください。





A.

 樹木全体の葉が黄色になり、元気がなく見えるようであれば、植栽されている土壌に問題があるのではないでしょうか?



 排水・通気性の良い土壌に改良し、高植えにされる良いでしょう。





 葉が赤、褐色になる原因としては、葉枯れ病・葉ふるい病・材線虫病などが考えられます。



①葉枯れ病は夏期葉に黄色の斑ができ、しま文様となります。

 その後、病葉は褐色となり枯れます。

 銅水和剤の散布が必要です。





②葉ふるい病は主に秋に発生し、最初は葉に黄褐色の斑点を生じ、翌年の春には葉の一部または葉全体が褐色となり落葉します。

 この病気は弱った木に発生することが多いので、施肥や土壌改良に努めることが必要です。

 また、銅水和剤の散布も有効です。





③材線虫病は「マツクイムシ」と呼ばれることも多く、各地で激しい被害が発生しています。

 この病気は、「マツノマダラカミキリムシ」が「マツノザイセンチュウ」を運ぶことによって発生する伝染病ともいえるものです。

 対処法としては、6月中旬~7月中旬にかけて、2~3回スミパイン乳剤を散布されると良いでしょう。

 また、木の幹に薬剤を注入したり、土に薬剤を潅注して木に薬剤を吸わせて防除する方法等もありますが、これらの方法は造園業者等の専門家に依頼されたほうが良いでしょう。





 いずれの場合も肥培管理に気をつけて、元気な木にすることが一番重要だと思います。(神代)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ