Q.エゴノキに虫こぶ

Q.

エゴノキの葉に丸いものが着いています。

何が原因で、どのように対処したら良いでしょうか。





A.

エゴノキの葉には、エゴタマバエによる球状の虫こぶ(白色~淡緑色、直径3~5mm)が見られます。

これをエゴノキハヒラタマルフシと言うそうです。

成虫は4月初めごろから羽化して、葉に産卵します。

虫こぶは秋に地上に落ち、中の幼虫は土に潜って越冬します。



防除ですが、被害葉を摘み取るか、成虫が羽化してくる時期にスミチオン乳剤(アブラムシ類に登録あり)の1,000倍液を散布します。(小河)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ