Q.クロマツが急に全部茶色になった

Q.

8月はじめに剪定をしてもらったクロマツ。その際に、一部の葉が黄色くなっているとのことで消毒を勧められたので、自分で消毒した。

その後、盆頃になって急に枯れた。びっくりして造園屋さんに見てもらったら、「松食い虫」と言われた。

A.

マツクイムシ=マツノザイセンチュウ病です。

他にも松があるそうですので、早めの処分をしてください。

生き残っている松の小枝に傷をつけて、脂(ヤニ)が出るか確認して下さい。

ヤニがでないようであれば、マツノザイセンチュウ病です。

残念ですが、いずれ枯れる可能性が高いです。

また、消毒をしたとおっしゃっていますが、殺菌剤を散布されています。

殺菌剤では虫には効果がありません。

5~7月にかけてマツノマダラカミキリ対策をしましょう。

スミパインやスミチオン、カルホスなど。

ただし、スミパインやスミチオンはモチノキや新芽に薬害が出る場合もありますので、気をつけて使用して下さい。(神代)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ