沈丁花に元気がない

Q. 今年の春まではとても良い香りの花をたくさんつけていましたが、9月に入り葉が黄色から黒くなり落葉し、新芽も黒っぽくなり、成長しきれないのではと思います。イタチが木の下にいたので念の為、木酢液を1000倍に薄めたものを8月終わりに土に撒きました。知人に見てもらい、少し切ってもらいましたが根元がぐらついて、地面に近いところの幹の皮がはがれています。害虫用のベニカXネクストを吹きかけています。

A. 寿命の可能性があります。沈丁花は古くなると枯れることが多いです。今年のように雨が多い年は過湿になり枯れやすい、また、白絹病等、土の中の病気にも弱いです。弱る前に挿し木をしておくといいと思います。挿し木をして根が出たら鉢に植えてください。土は雑菌の入っていない、やや乾燥気味の用土を使ってください。(原田)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ