ハナミズキが元気がない

Q.

20年くらい前に植木屋さんにうえてもらったハナミズキ(幹の直径15cm位)が

1~2年位前から葉に元気がなく黄色く枯れたようになっています。

枝は白く粉を吹いたようです。また以前に幹の下部に穴をあけたような状況がありました。

薬剤は2年位前に、植木屋さんに消毒をしてもらいました。対処法を教えてください。

(神奈川県在住)(写真あり)

A.

植えてある所が狭いので根が斜面上下にしか伸びられない状況です(ブロック塀と階段で仕切られている)

また、植栽も根際を見るとやや深植えになっています。植栽後に植木周辺を整備された時に、根を傷めた

可能性があるとともに、水分の供給と排水が悪くなっていることも考えられます。ハナミズキの根は、

繊細なので、環境の変化には敏感です。

考えられる病気:うどんこ病、とうそう病、輪紋葉枯病、斑点病など。

害虫:アメリカシロヒトリなど

できれば、植栽地の土壌改良(透水、排水、通気性)を行うことをおすすめします。(小河)

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ