バンペイユ・ヘベス

Q. バンペイユとヘベスの葉が黒くなっています。実があまりつきません。ばっさり剪定をしたほうが良いでしょうか?

A. 葉が黒くなっているのは、すす病です。カイガラムシが付いています。ミカンハモグリも。枝が混みすぎ。からんだ枝、混み過ぎた枝を透かす。今年の秋芽は切っても良いが、春から伸びた枝を切ると来年花が咲く部分を取ってしまうことになる。対策は、透かし剪定を行う。冬期にマシン油乳剤を散布。春以降、オルトラン水和剤やモスピラン水和剤を散布。根元の木くずは、テッポウムシです。スプレー式の殺虫剤を注入してください。肥料もやり過ぎです。(神代)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ