Q.梅の木の増やし方

Q.

ウメの木を自分で増やし方を教えてください。





A.

他の樹木同様、接ぎ木、実生、挿し木、取り木等の方法による繁殖が可能ですが、接ぎ木による繁殖が一般的です。



そのための台木を得るためには実生法と挿し木法があります。



2月上旬ごろ、穂木とする枝を取り、乾燥しないように土中に貯蔵しておき、3月上旬ごろ台木に接ぎ木をおこないます。



この際、枝の先端部分と基部を取り除き、4~5センチの長さに切り、ナイフ等で外側に切り込みを入れます。



また、接ぎ穂は穂木の下部の両面を斜めにナイフ等で切り取り、形成層を露出させます。



そして、その接ぎ穂を台木の切り込みに差し込み、台木の形成層と接ぎ穂の形成層を密着させ、接ぎ木テープでしっかりと固定するとともに、接ぎ木部分に水が入るのを防ぎます。(神代)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ