Q.土壌改良に挑戦したいが



Q.
庭木が全体的に年老いた感じなので、今年こそ土壌改良したいと思いますが、やってはいけない樹木や注意点があれば教えてください。



A.
庭木の場合
一度活着して毎年剪定をしている様な庭では、土壌改良や施肥はお勧めできません。
土壌改良や追肥は、植物の生理を根本的に変えるからです。
原則として、スムーズな生育をしていれば与えないほうがいいと思います。

果樹類は良い実を経済的に収穫するために、寒肥を与えます。
弱っている木や、バラ、草花類は土壌改良や追肥の必要があります。

土壌改良をする注意点としては、
根鉢の辺りを掘って、掘りとった土と買ってきた堆肥等を混ぜて、また戻してあげるわけなんですが、有機堆肥は必ず完熟のものにしましょう。
藁の堆肥あるいは落葉や家庭の生ごみから作った堆肥等が土壌改良剤には最適です。
市販の安価な堆肥には、産業廃棄物等が多く入っているものもあり、土壌に逆効果のものもあるので注意が必要です。(古賀)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ