Q.ラカンマキの移植

Q.
ラカンマキの移植は3~4月ごろすると良いと以前のブログでみました。

どんなふうにやったらうまくいきますか?

注意点など教えてください。

A.
マキ類は3~4、5月ごろが移植するのに良い時期です。

根の状態を良く見て、あまり細い根がない時は、根切り(根廻し)をして一年後に移植することもあります。

根を丁寧に掘り、根巻きをして移動しますが、クレーン等でつりさげる時、樹皮が傷むことがありますので、養生(幹巻き)が大切です。

根が少し荒れている時は、上部の枝も切り詰め、葉数を少なくすることも大切です。

マキの大木は強剪定はしない方が良いでしょう。そのまま芽が出ないで枯れることがあります。

移植したあと、支柱をすることも忘れないでください。木が揺すられると、やっと伸びてきた根が切れることがあります。(原田)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ