Q.ヤマモモの剪定について

Q.

ヤマモモの剪定について、時期や方法を教えてください。





A.

大きくなりすぎた木を強剪定して小さくする場合には、春3月~4月頃にされると良いでしょう。



ヤマモモは樹皮が柔らかく、今まで日が当っていない所に急に強い光が当たると、幹焼けを起こしますので、強剪定の際には幹巻きをして枝を保護した方が良いでしょう。



また、太い枝を剪定した場合、切り口から腐朽することがありますので、切り口が大きい場合には、トップジンMペーストや接ぎロウ等を塗った方が良いと思います。





それほど大きくなく、自然の樹形を楽しみたいというときには、交差した枝、からみ枝、胴吹き枝等の不要な枝を基から剪定し、風通しを良くしてください。



ハマキムシの発生の際には、薬剤散布が必要です。(神代)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ