Q.モチノキの枯れ

Q.

モチノキの枝枯細菌病について予防法と対処法を教えて下さい。





A.

モチノキには枝枯細菌病が登録されていますが、病原細菌の種名は不明となっています。



最近、モチノキの大木が枯れる現象が起きていますが、これは新しい病気の可能性が高いと言われていますので、枝枯細菌病とは異なります。



いずれにしましても、まず葉の方に病気が発生して、黄変したり落葉したりします。

その後、病気が枝の先から幹部へと移り、終わりには枯木に成る事が多いです。

九州、関西地方で多くの発生が見られ、大木から枯死していく大問題になっています。



葉の病気を予防するために、元気の良い時から年3回位の、病気予防消毒をしましょう。

樹木類の斑点性病害、炭そ病に効くマンゼブ水和剤やチオファネートメチル水和剤などの農薬を散布してください。



また、モチノキの手入れとしては、土壌改良を行い、樹勢を強く育てることが一番でしょう。(古賀・小河)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ