Q.マユミの木の剪定

Q.

祖母の家にマユミの木があります。



剪定を頼まれたのですが、どんなふうにしたら良いのでしょうか?

消毒や施肥も必要ですか?





A.

マユミは雌雄異株で、秋の紅葉や雌株の赤い実も美しいものです。



強剪定をするとゴツゴツした硬い樹形となりますので、

極力柔らかい樹形となるような剪定を行ってください。



庭のスペースに余裕があれば、

込みあった所の枝抜き程度の軽めの剪定で良いと思います。



そうでない場合は冬期、落葉後に長く伸びた枝を切り戻し、

込み合った枝や絡み合った枝を剪定すると良いでしょう。



病害虫も少ないのですが、

春、新芽が出た後にミノウスバが発生し、

ほとんどの葉が食べられ、木が丸裸になってしまうことがあります。



発生初期であれば、木をゆすって、

糸を引いて落ちてきた虫を補殺すると良いでしょう。

被害が激しい場合は殺虫剤の散布が必要です。



カイガラムシが発生することがありますが、

冬期にマシン油乳剤を散布してください。



また、大きくする必要がなければ、

肥料は不要です。(神代)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ