Q.マシン油乳剤の散布について

Q.

庭木にマシン油乳剤を散布したいと思いますが、

時期と濃度を教えてください。



A.

マシン油剤は、物理的に虫体を被覆、

窒息死させる薬剤です。

体内に薬剤が到達しにくいカイガラムシ類や、

薬剤抵抗性が出やすいハダニ類の防除に使用されています。

 

代表的なマシン油乳剤には、

マシン油の純度で色々のものがあり、

冬期から夏期に利用できるものまで様々です。

対象作物でも使用時期・濃度が異なりますし、

製品によっても使用作物や

使用時期・濃度が異なりますので、注意を要します。

薬液を多く作って余ったからといって、

乾いた後に2度散布をすると樹勢が弱りますし、

マシン油剤を散布した樹木に他の薬剤を散布するときは、

1か月以上の期間(指定された期間)を取ってください。



以下、農薬便覧第10刷から抜粋した使用法を記載します。

1. マシン油80%の製剤品(アルボ油)

アオキ・サンゴジュ・ツゲ・ツツジ・ツバキ・

マサキ・モクセイ・モッコクのカイガラムシ類には、

冬期に25~50倍液を散布。



ハダニ類には、夏期に50~100倍液を散布。

落葉性庭木には、カイガラムシ類・ハダニ類ともに

冬期に25~50倍液を散布。



2. マシン油97%の製剤品

ゲッケイジュ・サザンカ・ツバキのカイガラムシ類に、

クミアイアタックオイル、エアータック乳剤の100倍液

                    (小河)

2 Responses to “Q.マシン油乳剤の散布について”

  1. ●●さん より:
    SECRET: 0
    PASS:
    モッコクについて教えてください。

    カイガラムシの対処にマシン油がよいと

    聞いたのですが時期は3月でもよいので

    しょうか希釈もお願いします。

  2. ryokucen より:
    SECRET: 0
    PASS:
    ●● 様

    非常に返信が遅れまして申し訳ございません。

    現在カイガラムシ類が寄生していても、樹勢が良ければ6月ごろに「スプラサイド乳剤40」の1500倍液を2週間おきに2回ほど散布してみてください。

    マシン油乳剤は、温度が高くなってくると使用しない方が良いです。

    お住まいの地域にもよりますが、福岡の方からのご相談の時は、ギリギリ2月位までしか勧めていません。

    また、冬でも気温が低い時間帯に散布することを勧めています。(小河)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ