Q.マシン油乳剤と石灰イオウ合剤について

Q.

マシン油乳剤と石灰イオウ合剤の散布目的と

散布時期、濃度を教えてください。



A.

マシン油乳剤はカイガラムシ類を駆除するもので

12月中~下旬~1月下旬頃に散布します。

落葉樹と常緑樹では散布液の倍率が違いますが

80倍~100倍液で散布してください。

小春日和の晴天の日が良いです。



石灰イオウ合剤の散布の時期ですが常緑樹と

落葉樹で若干違ってきます。

主な薬効としては病気関係が主流です。



園芸雑誌等には必ずこの薬の名前が出て

散布するように書いてありますが、今は

それ以外の4~9月下旬までの使用薬品

で良いものが出ています。

20~30年前までは農家も使っていましたが

現在はほとんど使いません。

回りの建物やいろんなものに白く着色し

非常に匂いが激しく目は痛くなります。



あえて使用するなら、春芽のつぼみが

少し動いたときに50~100倍液を散布します。



夏期使用は250倍液で散布します。



濃い液だと薬害が発生します。(古賀)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ