Q.マキの木の落葉

Q.

家のマキの木の葉がふるう(おちる)。

新しく出た葉もふるう。

原因と対処法を教えてください。

ちなみに、除草剤等は使っていないので、薬害ではないと思います。





A.

葉がふるう病気に、白葉枯病があります。



葉先から淡褐色になり、のちに灰褐色に変わります。



病斑は新葉基部に広がり、葉の半分以上、時には全体が灰白色になって落葉します。



白葉枯病には登録農薬はありませんので、病落葉を丁寧に集めて処分してください。



以前は、春先から2~3週間おきに銅水和剤(500倍)を数回散布しましょうと記載された単行本もありましたが、散布には細心の注意が必要ですし、隣接して農作物がある場合は使用しない方が良いでしょう。



それから、樹全体は元気でしょうか?



全体に弱った感じになり、葉が黄変、退色後、褐変して落葉するようでしたら、根の病気も考える必要があります。

よく観察してください。



それから、枝葉がこみあっていたら、日当たり・風通しを良くするように剪定されることをお勧めします。(小河)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ