Q.ホルトノキ・キンモクセイの剪定について

Q.
 ホルトノキとキンモクセイを交互に植栽した長さ30m位の生垣があります。

 高さが1m50cm位あるので半分位の高さ(90cm)に切り詰めたいのですが、今実施しても良いでしょうか。

 以前ヒノキの切り詰めで失敗しましたのでお尋ねします。

A.
 キンモクセイは3月中旬~4月一杯、9月上旬~中旬となっていますが、9月に強い剪定をしますと秋に咲く花芽を切り取ることになりますので、邪魔になる枝を整理する程度にされた方が無難でしょう。

 また、ホルトノキは春先と梅雨時期が良いと思います。

 両樹種ともに、夏場の暑く・降雨の少ない時期に思い切った整枝・剪定を行うと樹木が弱ってくると思います。
 ホルトノキで、樹形を縮めるために太枝切りと強剪定を7月頃実施したところ樹勢を著しく低下させた苦い経験があります。

 今行うとしたら、枝を透かして樹冠内部(内枝部分)に陽が差し込むようにし、内枝に新梢が出る状態にします。
 内枝に新梢が出て茂って来てから翌春に、外側の枝を切り詰めては如何でしょうか。(小河)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ