Q.ベニカナメの枯れ

Q.

紅かなめの半分が斑点もしくは周辺から枯れたような状況になっています。

数年前ご指導いただいたときは「ごま状斑点病」ということで部分的に発生して「トップジンM」で収まりましたが今回は前回と状況が少し違うような気がしますが・・。

A.

①写真病斑のほとんどがごま色斑点病だと思います。
対応1:被害葉を摘み取り処分、落葉もきれいに清掃
2:4月~10月に発生
3:新梢が伸び、新葉が開き始めたら、ベンレート水和剤(2000倍)またはトップジンM水和剤(1000倍)を、2週間おきに2~3回散布する。
4:剪定後、新梢が伸び始めたら、予防散布を繰り返す。

②周辺が濃紫褐色に変色している病斑については分かりません。
斑点細菌病などの場合は、病葉を摘み取り、枝枯れ部分を切除する。
切除の際、健全部分から切除すること。枯れ部分から切除すると他の枝を切るときに感染が広がる場合があるため。
(小河)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ