Q.ツバキの病気

Q. 

樹齢100年以上、幹周り40cm、高さ2m位のツバキが、

一昨年夏の終わりごろから枯れ始めました。

専門家に相談しましたら、胴枯病及びならたけ病で

何をしても無駄だと言われました。

しかし、ネットで調べましたところ、

根を外科手術する方法などが載っていましたので、

何か有効な方法はないものでしょうか。



A. 

ツバキには枝や幹の病気として、

絹皮病・黒あざ病・さめ肌病・紅粒紋羽病・黄色紋羽病などが

記載されています。

どの病気がどの部位にどの程度発生しているかによって、

対処方法が異なるでしょう。

 

ならたけ病ですが、根株付近の幹患部や腐朽した根の

樹皮を剥ぐと、独特の白色で扇状をした

菌糸の塊(扇状菌糸膜)が認められ、きのこの匂いがします。

また、10月頃には根株や根にきのこが束状に発生することも

あります。地際部や根の殆どが侵されているようでしたら、

手遅れかもしれません。被害が一部に

偏っているようでしたら、被害部周辺の土を掘り、

健全な部分を少し含め被害部を取り除いて、

切り口に薬剤処理(殺菌癒合剤)をしたのちに、

新しい土で埋め戻す方法も可能でしょう。

 

それから、ツバキには地際や根を侵す白紋羽病も

発生しますので、もう一度専門家に

良く相談してください。(小河)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ