Q.ツバキの枝にブツブツ

Q.

つばきの、枝にブツブツとしたものが大量にあり、取って潰すと赤い血みたいになります。



A.

ブツブツしたものはルビロウムシです。
カイガラムシ類の中のロウムシ類(カメノコロウムシ、ツノロウムシ、ルビーロウムシ)の一種です。
鉢植ですので、手で取り除いてください。
6月頃にツブツブ(カイガラ)内に産卵します。
6月中旬~7月下旬にふ化幼虫が発生し、8月下旬から9月中旬に発育を完了すると言われています。
薬剤散布をするとすれば、ふ化幼虫期にスプラサイド乳剤40の1000倍液を2週間おきに2~3回散布してください。(小河)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ