Q.ダイスギ(北山杉)の葉の枯れについて

Q.
庭に植えているダイスギ(北山杉)の葉が
赤く茶色に変色します。その原因と対処法を
教えてください。

A.
植栽されている場所は、日当たりは良いでしょうか。
根株や根に異常(腐れなど)はありませんか。

日当たりが悪いと、自然に内側の枝から
枯れ上がっていきます。
枝を透かし、全体に日が当たるように
管理する必要があります。

水捌けが悪いと根腐れを引き起こし、
木全体が弱ってきますし、
特に根・根株に異常がある部分に
関連する枝が枯れることもあります。

また、根・根株を侵す病気(白紋羽病など)
もありますので、台杉周辺の樹木に
異常がないかも確認された方が良いでしょう。
一度、御調べください。
 
それらの原因が無い場合に、葉や枝の病気を
疑いましょう。
葉や枝の病気は数多く記載されていますので、
どの病気であるかは、お話の内容では判断できません。

根や根株に異常がなく、日当たりも良く、
水捌けも良いようでしたら、切り株を掘りとり、
台杉を植えられても良いと思います。

また、枝葉には新梢が伸び針葉が展開し始めたら、
殺菌剤(赤枯病に登録のあるマンネブ水和剤、
マンゼブ水和剤など。苗畑の赤枯病対策としては、
4~9月にかけて月に一度散布されています。)を
約2週間おきに2~3回散布されて、
様子を見られるのも一つの方法です。

根や根株に異常がある場合には、
原因を確認してもらって、もし土壌病害が原因で
ある場合には切り株を丁寧に掘りとり、
土を入れ替えるなどの処置を行った後に、
樹木を植栽してください。
            (小河)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ