Q.ジンチョウゲの枯死

Q.

ジンチョウゲが枯死しています。



特段の理由がわからず、今後のためにも考えられる原因をご教示ください。





A.

ジンチョウゲは通常30年以上生育するものは、非常に少ないです。



炎天下では特に寿命が短く、半日陰の所で長く生き延びるようです。



半日陰で肥沃な土、そして排水良好な場所が最適ですが、比較的移植が難しい木でもあります。



大体、10年前後で枯死するものが多いようです。



根や地際部の茎が、かび(糸状菌)に侵されていくことが多い(疫病、白絹病、白紋羽病)樹木です。



次の感染を予防するために、枯れたところには再植せず、別のところに植えるのが良いでしょう。



また、植える時に木炭粒を土とよく混ぜて植えると良い生育をします。(古賀)

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ